« 答志島 | トップページ | 箸やすめ »

2007年2月 4日 (日)

朝から元気な島の人

Wagu_1 答志島の朝はワカメの分別で始まっていた。
刈り上げ、水揚げされたワカメの茎の部分と葉の部分に切り分けるのはそれほど難しいものではなさそうだ。
それでも寒風にさらされるなかでの作業だから、人々は声を張り上げ気合で仕事をしている。大量に積まれたワカメの山を目にして私は怪訝に思った。無理もない、スーパーで買うワカメはグリーンをしているが、島で目の前にしたワカメは褐色なのだから。 そんな私の表情を察してか、作業をしている人のなかでも一番年配であるにもかかわらず、一番元気の良いおばさんが「ワカメは生きた状態では褐色、商品にするには湯通しするんや」と言った。分別作業をしている脇にはタンクから湯気が上がっている。Boiling_1 そのなかにワカメを放り込み、全体に湯が伝わるよう木製の長い棒でかき混ぜるが、見る間に鮮やかな緑色になっていく。
作業風景を写真に撮らせてもらい、その場を立ち去ろうとしたら、先ほどのおばさんが「持っていきなさい」と、茎のついたままのワカメを一抱えビニール袋に入れてくれた。「ないしょ!」と、口に指を当て小声で言った。私もそう言われて「内緒!」と返してみた。
朝から元気な人、観光地用の営業でない島の人の素顔が見られ、私までが元気をもらった。

|

« 答志島 | トップページ | 箸やすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/13792892

この記事へのトラックバック一覧です: 朝から元気な島の人:

« 答志島 | トップページ | 箸やすめ »