« 半田写録2 | トップページ | お江戸の昔 »

2006年11月27日 (月)

憧れのダンディズム?

Korocut飼い犬の優雅なロングコートを誇っても、伸び放題では毛色もあせてくる。紳士には身だしなみが大切なのだ。左の2枚の写真、「どちらがダンディ?」って聞くのも野暮だが、上は、私がカットしてやったときのコロ。下は、トリマーさんの手が入ったコロ。
今日は、少々気張って温泉浴もしてもらった。

Trim_1 プロの腕にかかると、単にカットがうまいだけでなく、毛に色艶がでる。目は輝いて、顔の表情がいい。ますます男前になった。

最近は、エステに通う男性が増えたとか・・・。
会社帰りにエステサロンに寄って、身も心もリフレッシュ。これがビジネスにもいい影響を与えるようだ。
垢抜けた身だしなみは良い印象がするし、何よりも自分自身の身も心も引き締まるに違いない。

「お金が勿体ない」と言っては身も蓋もない。
画像を見れば、腕の違いは歴然としている。やっぱり、その技にはかなわない。
人間も犬も美しさを際立たせるためには、プロの手に委ねたほうが良いのかもしれない。

|

« 半田写録2 | トップページ | お江戸の昔 »

コメント

>ゆーきさん
温泉浴は、プラス1000円。ちょっと勿体ないけど、「コロちゃん、とても気持良さそうにしていましたよ」なんって言われると、次もという気になっちゃうんだよね。全てひっくるめて5250円だったような。
私のカラー、カット、ブローの合計より高いわ。

投稿: hituji | 2006年11月29日 (水) 22時23分

上は、ワイルド。目もりりしい感じ。
下は、やわらかい感じ。なんか、優しそうに見える。

生で見てないからよく分からないけど、どっちもかわいいよぉ。

しかし…温泉浴ですか。
いいなぁコロちゃん、幸せそうで。

投稿: ゆーき | 2006年11月29日 (水) 21時36分

>益樹さん
30代のころ、叔母の奢りでデパートの全身美容のコースに行ったことがあるんです。まだ、「エステ」という言葉もなかったのか、「美顔術」「全身美容」という言葉で残っています。
30年以上も昔の話で、全身美容のコースで7000円だったように記憶しています。一時的に見違えるようにきれいになった(?)
あの効果を持続させておれば、今も輝いていたでしょうね(爆笑)

たまに化粧すれば、夫に「お多福さんみたい」と言われれてしまう今日この頃。エステに通おうかな・・・。
いや、おいしいもの食べる方がいいなぁ~。


投稿: hituji | 2006年11月28日 (火) 11時09分

う~ん、やっぱりお金を取るだけのことはあって、さすがプロの技は凄いものですね。大変失礼ながら、コロちゃんの写真を見比べると、素人目にもどちらがより男前か良く分ります。仰るとおり毛の艶が一段と出ていて、しかもふんわりとしている感じです。

昨今、何事も安く上げるのが風潮ですが、安かろう悪かろうではかえって損になります。少しくらい高くても、しっかりした技術、技能、知識を持ったプロに任せたほうが後々得だということを、もう一度考える時期に来ているのかもしれませんね。

投稿: 益樹 | 2006年11月27日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/12847754

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのダンディズム?:

« 半田写録2 | トップページ | お江戸の昔 »