« 憧れのダンディズム? | トップページ | 落葉時 »

2006年11月30日 (木)

お江戸の昔

Ukiyoe 松坂屋本店美術館で開催されている「四大浮世絵師展」に行ってきた。
画像は展示作品の目録表紙(文末参考)。
写楽の役者絵、歌麿の美人画、北斎の富士や、広重の東海道五拾三次シリーズのカレンダーが壁にかかっている家もめずらしくない。浮世絵の複製画を、月カレンダーにしたものだ。いわば、12枚余りの浮世絵と年中向き合っている人も多いわけだ。Utamaro 優れた芸術作品の印象を受けるが、元は江戸町人の中から生まれた大衆芸術。浮世のありようを描くわけだから、当世風の変化に遅れまいと、次から次に描かれた観がある。表現方法も版画が主だったようで、何百枚、何千枚と大量に刷られて、人々の間に出回ったということだ。案外、見飽きたら破り捨てられ運命にあったのかも。

そんな事情のなかでも、芸術性にこだわった絵師たちの作品は、ヨーロッパ印象派の画家達にも大きな影響を与えた。
陶器の輸出用包装紙として、北斎漫画が使われたことから情報が流れたという。ゴッホは、広重の「名所江戸百景」シリーズの「亀戸梅屋舗」と「大はしあたけの夕立」の模写で、文字まで克明に模写しているのだから、その影響力の強さがうかがえる。

江戸時代にはすべてがあったというのが私の認識だが、町人のささやかな生活では、歌舞伎を見ることも、美人と遊興にふけることもできない。複製の絵を通しての擬似体験や、下世話な事実を知って楽しんでいたのだろうか・・・。
世のなかの流行を知りたいという人間の気持ちは、お江戸の昔も今もかわりないわけで、今風の週刊誌の役割をしていたのかもしれない。
実際、歌麿の美人画をまのあたりにすると、当時の男と女のことや恋事情などもうかがわれて興味深い。現代のしらけた関係より深く情緒的だ。

参考:画像上は、写楽の「嵐龍蔵の金貸石部金吉」部分。
   画像下は、歌麿の「松葉楼装ひ 実を通す風情」部分。

|

« 憧れのダンディズム? | トップページ | 落葉時 »

コメント

>益樹さん
肉筆画が20点、版画160点と、合計180点の浮世絵が展示されたのですから、十分に鑑賞しきれたいない作品も多いわけ。
買ってきた目録を眺めながら、改めてその見事な世界に酔っています。
これだけの作品が、神戸在住の中右瑛さんという方、お一人のコレクションだということで、その情熱の深さに驚いています。

投稿: hituji | 2006年11月30日 (木) 23時18分

浮世絵を見ると、美術における日本人の技術の素晴らしさに感心せざるをえません。歌舞伎役者の実物を見ることができない一般庶民に、少しでも真実を伝えたいと思うアーティスト達の心意気を感じます。

投稿: 益樹 | 2006年11月30日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/12878700

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸の昔:

« 憧れのダンディズム? | トップページ | 落葉時 »