« 何もかもが急ぎすぎて | トップページ | まわれ右 »

2006年10月15日 (日)

空気がおいしい

晴天に恵まれ、庭の手入れなどをしていた。庭の片隅にある銀杏の木から黄色に熟したギンナンが落ちていて、それを拾い集めるだけでも時間がかかる。今はまだ葉っぱが青いから落ち葉を掃き集める苦労もないわけだが、紅葉して風の強い日には庭中に舞い散る。これほど厄介な樹木はない。いっそうのこと根元から伐採してしまいたいのだが、樹木にも魂が宿るというし、樹齢70年以上にもなるこの大木を厄介者扱いにして容易く伐採するわけにもいかない。
これからの季節は落葉との戦いとなるが、その程度の作業は健康のために良い、とプラス思考で楽しんでみようかな・・・。

Img_7117_2 Img_7118_2

|

« 何もかもが急ぎすぎて | トップページ | まわれ右 »

コメント

>ゆーきさん
潰れなくても臭いです。潰れればなおさら臭いです。臭みもともかく、処理が大変です。拾ったものを水につけて、果肉を腐らせてから剥ぐのですが、ゴム手袋をして作業をしても手がかぶれることがあるのよ。我が家でも、この作業は、もっぱら夫。私は拾う人。食べるのは・・・、殆ど、どこかに行っちゃう。ギンナンって、鬼皮を剥ぐのも面倒でしょ。鬼皮を剥いでも、茶色い渋皮を取るのが面倒だし。炒って、熱いうちなら渋皮は、ツルリッてむけますね。

投稿: hituji | 2006年10月17日 (火) 23時21分

そ、それ、銀杏ですか?
すごい量ですねー。

一度だんなと近くの公園に銀杏拾いに行った事がありますが、ありゃー大変ですね。
鼻の悪い私が、死ぬかと思うほどのニオイ!
公園なので、人が歩いて潰れた実からすごいニオイが!
あれって、つぶれなければ、それほどひどいニオイじゃないのかな?

銀杏、食べるのは好きなのですが、処理が…。
(結局その時は、旦那が処理して炒って割ってくれました。なので喜んで食べました。)

投稿: ゆーき | 2006年10月17日 (火) 21時16分

ここのところやることが多くって、疲れを感じます。このままいくと、へたへたの老人になって一生が終わってしまうのではないか。そんな気さえしています。原因は、何もかもやろうとするからでしょうね。分かっていますが・・・
ちょっと飛躍した譬えになりますが、最近読んだ本『脳の仕組みと科学的勉強法』(池谷裕二/ライオン社)のなかに、英単語100個を覚えるのに「四苦八苦して100個全部覚えようと頑張るよりも、確実に50個覚えた方が良い結果が出る」とありました。それと同じようなことだと思いますね。
何事も、強引に欲張ればものになるというものでもありません。溢れる情報の中で、うわべだけの共感や、妥協で左右されるのは、単なる社会的便宜に過ぎないのかもしれません。自分にとっての時間的、体力的、精神的にも合理的な方法で臨む姿勢は大切ですね。やる事を取捨選択し、気分的な余裕を持つ必要があります。
自然と対話しながら、のんびりと暮らした方がストレスも少ないでしょう。

投稿: hituji | 2006年10月16日 (月) 10時50分

やらなければならないと考えるのでなく、仰るとおり、楽しんで自然と対話するようなつもりで、さらには健康にも良い運動と思い、ゆったりとやられては如何でしょうか。それにしても落葉の季節が過ぎると、もうあっという間に、師走へ向かうのでしょうね。本当に一年が早いです。

投稿: 益樹 | 2006年10月15日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/12297469

この記事へのトラックバック一覧です: 空気がおいしい:

« 何もかもが急ぎすぎて | トップページ | まわれ右 »