2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« お彼岸 | トップページ | すでに10月 »

2006年9月27日 (水)

気分転換

昨夜は安倍内閣の閣僚の顔ぶれを見て、その人物像をNET検索していた。リンクをたどりながページを開いていくと、新聞やテレビでは報道されないような裏話も出てくるわけで、更に新たなリンクページへとNET上を歩き回っていたが、真偽のほども定かでない人の噂話に載って、政権の先行きを心配しても仕方がないので、これでしっかりやって貰うしかないですね。

検索ついでに、今度はに気分転換にキャラミル研究所の『ツキアイゲノム』をやってみた。これは以前にもやったことがあるが、自分のコミュニケーションタイプを知るもので、一種の心理テスト。35の設問に、自分の日頃の行動に一番あったものをチエックしていく簡単なものだ。診断結果は、ウラゲノム(考え方のクセ)とオモテゲノム(話し方のクセ)の2種類が各タイプで表示される。
で、私の診断結果、オモテゲノムはスマート。ウラゲノムはセルフ、インスペクター、フィーリング。
特徴としては、
「スマート」が、軽快トークでもめ事ブロック。すりぬけ系のコミュニケーション
「セルフ」は、自分の力を信じたい、自己信頼系発想。「インスペクター」は、周囲に疑問を投げかけ、新しい可能性をみつける、どーなのよ系発想。「フィーリング」は、気持ちや直感で物事をジャッジするフィーリング系発想。

NETには、ゲーム的なものから真に学問的なものまでの、いろいろな種の診断テストや占いサイトがあるが、ツキアイゲノムには、ちゃんとした根拠があるようだ。詳しい解説はキャラミル研究所にあります。
今回は、以前やったときとは多少違った結果が出たものの、かなりの部分当たっている。さて、あなたのツキアイゲノムはどうですか?

« お彼岸 | トップページ | すでに10月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換:

« お彼岸 | トップページ | すでに10月 »