« 鮮やかでありさえすれば良い | トップページ | 夜更かしの鑑定 »

2006年8月31日 (木)

猛暑の中、地味に歩き回る

猛暑の中を歩き回り、そんな日は夕食を終えれば睡魔に負けて寝入ってしまう。それで熟睡できるうちは良いのだが、眠気を振り切って起きていようものなら、いざ寝ようと思うときには目が冴えてしまってなかなか寝付けない。いっそうのこと朝まで起きておれば良いのだが、なんせ身体全体が疲れているのだから、起き上がって何かをする気力も湧いてこない。そんなわけで更新が滞っていましたが、皆様お元気ですか。

暑い暑い、と言っても8月も今日で去ってしまうのかと思うと、妙に寂しさのようなものが漂ってくる。峠を下る徒労のようなものだ。若いころはコロコロと考えが変わっても、下から吹く風に背中を押され頂上を目指したものだが、今は峠の上から吹く風に背中を押されている。引き返して上に行こうとしても、疲れた身体からは、もう後に戻る気力が湧いてこない。
昼間、あれほどうるさかったセミの声も、今はほとんど聞けない。ただ樹木の露だけを吸って命果てるのをまっているのだろう。・・・こんなことを考えるのは年のせいなのか。

以下はGENIOe(ポケットPC)のメモ帳にメモしたものをディスクトップに送り込み、それに画像を添付したもで、8月の猛暑を地味に歩き回る私の日常のピックアップだ。

(8/28)
久しぶりに朝から雨模様の日。カンカン照りの猛暑が続いてうんざりしているから、こういう日に目的もなく外出するのも良いだろうと、名古屋に出る。まずは新幹線の西口にあるビックカメラ名古屋西店でノートパソコンを見た。どうしても目が行くのはDELL製品。今すぐにノートパソコンを必要としているわけでもないが、寝転がってGyaOで映画を観たり、HPの更新をしたいなぁ、というだけのこと。DELLのXPS M1210プレミアムパッケージはどうだろうか・・・。担当者が11時でないと来ないということで、詳細を聞くことが出来なかったのが残念。今はレノボのシンクパッドが評判が良いようだが、使い慣れたメーカーにこだわる。
ビックカメラを出て雨が降ってきた。次はヤマハへ。地下鉄で伏見駅まで行ってもヤマハまでは距離があるから、結局歩くことにした。目的のピアノ楽譜を探し、今度はやはり徒歩で松坂屋本店へ。ちょうど昼食時だったので、地下2階のカレーハウス「サンマルコ」でハヤシライスを食べた。私はここのハヤシライスが好きなのだ。
「夏物さようならバーゲンセール」を覗いたが、特に買うものもない。南館7階にある美術館で行われている「ステンドグラス美術展」を観た。ステンドグラスと言えば、教会にあるような宗教画的なパネルを思い浮かべるが、展示作品の中でも抽象的なデザインが目を引いた。中でも、石原真一さんの「WORK-30」、石川韶枝さんの「ドクダミ草」には震えるような感動を覚えたものだ。ガラスが放つ光の魔術とでも言うのか、デザイン画と光のコントラストに神秘的なものを感じるのだ。
パネル作品だけではなく、ランプや置物のような実用的な立体作品にも目を奪われる。

朝9時30分に家を出て帰宅したのが3時。よくもまあ歩き回ったものだ。

(8/26)
Img_6851_1  今は廃れてしまったが、その海の眺めの美しさに多くの人が訪れた蒲郡の竹島海岸。嘗ては、菊池寛、志賀直哉、谷崎潤一郎、山本有三、川端康成といった作家が「常盤館」に滞在して作品を書いたという。
その常盤館の復元ということで建てられた『海辺の文学記念館』。
この日は、『海辺の文学記念館』で、孫たちに「時手紙」を体験させた。時手紙(ときてがみ)とは、未来の自分へのメッセージを書いて、10年後に自分宛に送ってもらえる、まぁ、言うなればタイムカプセルのようなものだ。
Img_6821 小1の孫は字が書けるから何かを書いていたが、内容は秘密とのこと。幼稚園年少組の孫は字がかけないので、絵を描いていたようだ。

Img_6831

(8/25)
Img_6775_1 奥三河の寒狭川広見ヤナで、孫たちと鮎のつかみ取りをしてきた。1㎏5300円(約15匹)の鮎を購入して、生け簀に放流したものを掴み取るものだが、子供の素手でも掴めるから結構楽しい。放流された全ての鮎を掴み取ったあとは、これを料理してもらい食べた。塩焼きもおいしいが、フライが一番かな。
普段は魚よりも肉を好む孫たちも、この日ばかりは鮎料理の奪い合い。自分の手で取ったとなれば自慢して食べ合う。

(8/22)
残暑が厳しい。今日も朝から暑かった。健康な犬の体温は38~39度で人間より高いという。上等の毛皮で覆われた我が家のコロの体は、さぞかし暑かろう。人間は気温の変化に合わせて衣服を調節するが、犬は自分ではそれが出来ない。暑い日中は室内温度を28度に保ってやっているが、冷房を切ってドアを開けっ放しにしておくと北の方に移動していく。人間用のトイレがしっかり閉まっていないものならトイレの中に入って眠っている。タイル敷きの床がひんやりして、暑さをしのぐには恰好の場所なのだろう。コロなりの知恵といったところだ。
トイレで眠っているところを私にみっかって、バツが悪るそうにハウスに戻っていく。
早朝の散歩だって気温は高いのだし、24時間冷房を入れっぱなしにして室温を保つわけにもいかない。いっそうのこと、毛皮をバリカンで刈ってしまったら涼しいだろうと思うのだが、なんせ自慢の上等の毛皮だからそこまでは出来ない。
まあ、醜くない程度に私がカットしてみた。結構いい出来ですよね。

Img_6729

|

« 鮮やかでありさえすれば良い | トップページ | 夜更かしの鑑定 »

コメント

>益樹さん

おはようございます。
散歩に行ってきました。暑い暑いと言っても、さすがに9月ですね。朝露がおりています。
このくらいが快適なんですが、昼間は、また暑くなるんでしょう。
犬の体温調節は、お腹からですね。暑ければお腹を冷やし、寒ければお腹を温める。
犬が自分自身で調節が出来るように、飼い主は環境を整えてやらないといけません。
そういえば、昨冬に数日下痢が止まらなかったとき、獣医さんにお腹を温めるよう指示され、湯たんぽを入れたら、以後下痢をしなくなりました。

投稿: hituji | 2006年9月 2日 (土) 07時41分

こんばんは。
コロちゃんも元気そうで何よりです。
犬は暑いとき、お腹を冷やすことでも体温の調整をします。
外であれば穴を掘って、ひんやりした土の中にお腹を埋めて寝ます。
それが出来ない室内では、タイル張り、玄関の下駄箱のあるコンクリートのところなど、お腹を冷やすのに向いたところで寝ます。
それにしても、今年の残暑は地球温暖化のせいか、はたまた私の年のせいか、すごく厳しいですね。
どうかご自愛下さい。

投稿: 益樹 | 2006年9月 2日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/11707801

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の中、地味に歩き回る:

« 鮮やかでありさえすれば良い | トップページ | 夜更かしの鑑定 »