« その時がくれば | トップページ | 古いもの »

2006年4月26日 (水)

ポッンと三つ

暖房を入れれば暑いし、切れば寒い。いずれにしても寝苦しい夜だ。しばらくベッドの中でぐずぐずしていたが、夜明けまでの途方もない時間のことを考えると、ますます寝苦しいだけだから枕元の時計を手にとって身を起こした。暗闇の中に蛍光色の文字盤が2時25分を指している。
暖房を切り、パジャマの上にセーターを着て、寝付くまでの間を読書で紛らわそうと本箱から『裏ワザ・隠しワザ』(素朴な疑問探求会編/河出書房新社)を取り出して読んでいるが、先ほどから寝返りばかり打っている。その度にシワになるシーツ、移動して半分ベッドからずり落ちそうな毛布と掛け布団が、私の神経を逆なでするようで余計に気分が悪くなってくる。
引き金になるような、さしたる理由もないわけだが、敢えて言えば、右頬にポッンとニキビのようなものが出来た。首にもポッン、そして胸の辺りにもポッン。合計3個のポッンは痒みを伴って、掻くたびに周りが赤くなってくる。普段なら虫刺され程度の気にもならないポッンだけど、心身のバランスがちょっとでも崩れると、さも重大そうに思えてしまうのだ。身体とはそういうものだろう。
これも月のせいではないだろうか。月は潮を動かし、その月のリズムが自然界に与える影響はあるのだから、人の気分にも影響するはずだ。今日4月26日は月例27.70の二十九夜、危険度の高い日だ。以前にも書いたけれど、「月齢チェック表」を作って日々の出来事をチェックしている。私の場合は下弦から新月までの間が要注意日。28日が新月だから、明日、明後日まではこんな調子かな。
4時40分。さあ、もう寝よう。
寝る前に、この記事を更新しようと思ったのだが、ココログがまたまた緊急メンテナンス。管理画面へアクセスできない。6時に終了とのことだから、このまま待ってみようか・・・。

『裏ワザ・隠しワザ』にあった、取って置きの妙案を二つばかり参考までに。

・折れた口紅を元通りに繋ぐ方法
「百円ライターにポッと火をつけ、口紅が折れた断面をそれぞれ温める。すると、ロウソクのように表面が柔らかくなるはずだ。で、二つをドッキング。常温で半日、そのままにしておけば、口紅は元に戻る。」
私、折れた口紅が2本もあるから早速試してみよう。

・花粉症を和らげるこんなに簡単な隠しワザ
「その方法は、ガムを噛むことである。」帝京大学医学部の先生の2週間の実験に基づくものだが「少なくとも5分以上、より長くガムを噛み続けた人ほど、症状が軽くなったという。」ただし、ミント系のガムだけだそうだ。

|

« その時がくれば | トップページ | 古いもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その時がくれば | トップページ | 古いもの »