« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月27日 (月)

答えの出せない問題

またもや、終末患者の延命治療をめぐっての問題が起っています。富山県の射水の公立病院で、医師が入院患者7人の人工呼吸器を取り外し、全員死亡した問題です。
今回のケースでは「医師が遺族、もしくは患者に治療行為中止の意思を確認していたかも重要なポイントだ。」(毎日新聞)そうで、東海大学安楽死事件で平成7年3月28日に横浜地裁が出した有罪判決の例のように、場合によっては、この医師の行為が自殺幇助、殺人、嘱託殺人に問われるわけで、終末医療の基準が法制化されていないだけに難しい。
問題になっている医師にしても、患者のことを思い、誠心誠意で治療に当たられたでしょうに・・・。
オランダの場合は、2000年の11月に刑法改正で安楽死が合法化されています。日本でも超党派議連よる「尊厳死」法制化へ向けての動きが活発化しているものの、結論が出るまでには紆余曲折の長い道のりでしょう。
現代医療の進歩が植物人間を生み出し、意志のない単なる息する生物として取り扱われている現状は悲惨であるし、末期がん患者の苦痛は、私だったら到底耐えられないでしょうから早く楽にしてもらいたい。そう思う一方で、人間の命は死の間際を見るだけで判断できるようなものではない、とも思ったりするのです。

オランダの安楽死合法化の際に、ローマ法王庁は「医学界で国際的に認められた倫理規定に逆行する」と論評し、「人間の尊厳に反する決定であり、悲しむべきことだ」と非難していました。その根底にあるものは「人間の生命は受胎で始まり、自然死で終わる」というバチカンの考え方です。
個人の死は、その個人の生と切り離して考えることはできないし、個人の選択に自由があって当然だと思います。誰もが自分自身にふさわしい死を迎えたいと願うものです。
しかし、個人の願いだけでは限界があるわけで、医師側の見方と、患者側の見方の両立があったときには、安楽死や尊厳死もやむ得ないものではないでしょうか。勿論、細かい基準があっての上で公正な判定をすべきことですが。

| | コメント (0)

2006年3月26日 (日)

カッチーニの「アヴェマリア」

昨夜から古いパソコンを立ち上げ、ハードディスクに残っているデーターやMOに保存されているものを開いて探し物をした。特にMOに保存しておいたものは、メール、掲示板のログ、MP3とかいったNETコミュニケーションで受信したものが中心。その一つ一つを見直してみて懐かしさがこみ上げてくるのは勿論だが、今まで気付かなかったことに気付き、見えなかったものが見えてきた。振り返ることの嫌いな私でも、うるうるするものです。いや、もうこの年になれば、これからの道よりも振り返る道の方がずっと長いのかもしれません。
パソコンはNETで世界中の情報を瞬時に得ることができるし、自分からも発信できる。そうした便利さだけでなく、自分の記録を何もかも投げ込んで自分の住まいのようにしているんですね。その私の住まいに偶然の成り行きで足を運んでくれた人たち、そして自然消滅してしまった人たちの記録に、旅に出たときのような遥けさの感情が湧いてくるのです。遥か遠くの景色を眺めたときに起こる心の衝動のようなものです。旅が日常生活からの脱出であるとすれば、パソコンのバーチャルリアリティーな空間も実生活の煩わしさからの開放なのかもしれません。そう思えば、残された記録に遥けき心が伴うのは当然なんでしょう。
若い人なら、遥かかなた未知の世界に飛びたつことができるでしょうが・・・。
まあ、私はTOPにつけたMIDIを聴きながら、何やら遥けさとか遠さを懐かしんで目をうるうるさせているだけですね。

| | コメント (0)

2006年3月25日 (土)

映画を聞いていた

書くモードから離れ一週間のご無沙汰です。数日間滞在していた孫相手に遊んでいました。一度筆を休めると、緊張感が途切れるのでしょう。書き続けてなんぼもん!と思っちゃったりして・・・。それに、ある程度情報をインプットしないと必要なネタも浮かばないわけです。
昨日は図書館に行ったものの、あいにくの臨時休館。その足で書店に寄り、興味の湧く本を物色したみたのですがダメですね。立ち見程度では内容がつかめないし、結局、1冊も買わずじまい。私の場合、やっぱり買い慣れたアマゾンがいい。ユーズドものなら低価格で購入できるし、読み終えて手元に置く必要のないものならマーケットプレイスに出品できるから好都合というわけです。
そんなわけで、昨夜は読む本がないから以前に録画しておいた映画『小便小僧の恋物語』(1995年 ベルギー)を観ていました。観ていたというより聞いていたというのが実際のところです。
子供のころ家族を踏切事故で亡くした主人公ハリーと、路面電車の女性運転手ジャンヌの出会いまでは記憶があるのですが、あとは、たまに耳に届く路面電車の走る音と、途切れ途切れの人の会話が意味もなく聞こえてくる程度のもの。多分、30分ほどでうとうとしてしまったのでしょう。
で、気がついた時の画面は、ほの青いモビールの揺れる部屋でハリーとジャンヌが「愛している」と囁き合っているシーン。そのシーンが終わったと思ったら、アパートの前に止まった救急車が白布に 覆われた死体を担架に乗せて夜の街に消えていくのです。
アパートの大家さんがハリーに向かって「星は死んだらどうなるか知っているかい?」「永遠に輝くのさ。」なんって言っている。そこにジャンヌがいないから、彼女は死んでしまったわけだ。それにしてもあまりにも唐突な死。どうして彼女は死んでしまったのでしょうか。これが映画的なラストシーン?もう一度観なおさないと・・・。

| | コメント (0)

2006年3月18日 (土)

嗜好でいい気分が

ちょっとローカルな、そして昨日の話ですが、プリンターのインクを買いに行ったエイデン・コンプマートの抽選で500円券が当たりました。たった500円でも得した感じ~~。で、ここのところ肉に飢えていたから、ついでに知立アピタ内にある「さぼてん(新宿)」で夕食。130gのロースカツを注文したものの、かなり薄っぺら。せめて200gは欲しいといったところですが、この店のロースカツでは130gが最高。
さぼてんのとんかつはソースに特徴があって、すり鉢の胡麻を自分ですって胡麻ソースを作るんです。それがおいしい。おいしさついでと、ボリューム不足で生ビール(中ジョッキ)1杯では物足りなく2杯。本当はもっと飲めるのですが・・・。そ、そんなに、と驚かないでください。ビールは別腹、私の嗜好そのものなのですから。決してアルコール中毒じゃありません。

以前に読んだ本『おもしろ心理学』(乾 孝著/ワニ文庫)の中にあったのですが、サルにアルコールの味を覚えさせ、限りなく与え続けると死ぬまで飲み続けるということです。眉を吊り上げて泣き叫び、手足が震え、アルコール中毒の人間同様に幻覚や幻聴をきたすということです。サルは考えることができないから自分の量をわきまえることができず、「ここらで止めておこう」という調節ができないんですよね。その点、人間は考えることができるので、自分の最適とする量までに控えることができるのです。
心うきうきで、ちょっぴり饒舌になり、ほんわかとピンクの染まった顔は、私の一番美しく見えるときかな・・・。なんって勝手に調子づいています。

いい気分でGyaoで大島渚監督の映画『少年』を観ていました。実際にあった「当たり屋」事件の家族を描いたものですが、父親の言うままに淡々と当たりの仕事をこなす少年の姿、なんか空しいです、切ないです。アルコール入りのいい気分が暗くなりました。それにしてもGyaoはCMがよく入るし、トイレに行くときに画像をストップさせておくと、次に接続したときにはCMから始まるというわけで、かなりうっとうしい。それに画面の調節ができないのでは・・・? 黒っぽく映るんですよね。
GyaOといえばUSENの動画配信サービスだし、ライブドアと業務提携をしたことによりサービスが向上するのを期待したいところです。

| | コメント (0)

2006年3月12日 (日)

Who am I?

「人生はすてきなもの。かける眼鏡次第でどうにでも見える」と、これはデュマ・フィスの戯曲『椿姫』の中に出てくる名言です。椿の花を常に身につけ、「椿姫」とあだ名された高級娼婦マルグリット・ゴーチェの言葉です。なかなか含蓄のある言葉ですね。

日焼けが気になる年頃になりました。雨上がりは草取りには絶好というわけで、2時間ほど草取りをしました。ノーメイクだったから日に焼けたでしょう。日焼けしてシミになろうが、シワになろうが、私自身としては一向に構わないのですが、これが他人の眼鏡に映って、私というイメージが作り上げられるんですから気にしないわけにはいきません。他人の眼鏡が、こちらの都合の良いようにかけ替えられるならいいのですが、そうは行かないというものです。
一昨日、美容院の鏡に映った自分の姿について書きました。見慣れていない鏡に映った自分の姿に対する恐怖、初めての鏡で自分を外から見たショックとでも言いましょうか、それは録音された自分の声を初めて聞いたときの驚きに似ています。鏡の中に、美容師さんが同列に並んだことによって、肉体という外観だけでない、精神という内面的なものを含めた自分というものを認識するというものです。

社会心理学の研究に『Who am I?』 というのがあるようです。「自分とは何か?」を自らに問うのですが、心に浮かんだ自分を20通り上げて、自分自身の内面や、位置づけを認識するというものです。日本語でやってみてください。
私は(    )である。(    )の中に自分の思い浮かぶままを、できるだけ早く書いていくのです。
ちなみに私の場合

①私は女である。
②私は還暦過ぎている。
③私は夫がいる。
④私は息子が一人である。
⑤私は両親が健在である。
⑥私は孫3人である。
⑦私は主婦である。
⑧私はピアノの先生である。
⑨私は好奇心旺盛である。
⑩私は凝り性である。
⑪私は一人が好きである。
⑫私は読書が好きである。
⑬私は創造性が豊かである。
⑭私はマイペースである。
⑮私は心配性である。
⑰私は気まぐれのところがある。
⑱私は思いやりがある。
⑲私は慎重性に掛けるところがある。
⑳私は個性的である。

自分のイメージでも20もあげるとなると、中には矛盾したものが出てくるわけですが、人間は常に矛盾したものを抱えているのかもしれません。私が持っている自分のイメージには、いろいろあります。私以外の人が私を見ても明らかに分かる客観的なイメージもあれば、私にしか分からない内面、主観的なイメージもあるわけです。
まあ、こんな結果が出ても専門家に判断を委ねるわけでもないし、この年になって自分を変えようとも思わないから、認識程度でいいのかな・・・。 

| | コメント (0)

2006年3月10日 (金)

見慣れない鏡

ココログがメンテナンス終了以降もログイン出来ない状態でした。今は、もう回復したのかな・・・。やっとログインできました。
で、これは昨日アップする予定だった記事です。

ノーメイクで美容院に行ったのですが、鏡の前に座った途端「おのが姿を鏡に映し、たらリたらたら脂汗をを流す」とガマの膏(あぶら)の四六(しろく)のガマの境地に陥りました。。
お肌のカサカサ、シミ、おまけに眉間の縦ジワ。映しだされた自分の姿に脂汗たらたらで、鏡が正視できませんでした。
「どうされますか?」との担当の美容師さんの声で再び鏡を見たのですが、鏡の中に同列に並ぶ自分と美容師さんを見つめなおして、普段の自分が見えてきました。
ちょっとオーバーな言い方かもしれませんが、自己嫌悪から脱出することができたのです。
担当の美容師さんは明らかに私よりも若い。で、どこがどうというわけではないのですが、なんとなく性格付けをしたくなるような言動と態度だったわけです。
この人は、どういう環境に身を置いているのか・・・。カットをしてもらいながら、勝手に彼女のドラマを空想していました。
人間の価値は他人との比較にある、なんって決して思っているわけではないけれども、他人との比較において自分を認識するということはあるわけです。
それにしても、家庭の鏡ではノーメークであってもそれほど老醜に見えないものが、一歩外に出て見慣れない鏡から自分を見たときの、あの感覚はなんでしょうかね。一種の恐怖です。

F1000003 美容院は駅前にあるのですが、駅に隣接したビジネスホテル(11階建)が、例の耐震偽造問題の平成設計(姉歯設計)木村建設といった物件なのです。JRと名鉄の駅から雨に濡れずにホテルに入れるということで繁盛していました。特に万博の時期には超満員状態のようでした。オープンしたのが2003年5月で、まだ新しいのに営業廃止となり、解体工事中です。いつも駅前を通るので眺めているのですが、最初は屋上にクレーンがあったので、全体を上から順次壊していくのかと思っていたら、まずは中央部を取り壊すんですね。
それにしても勿体ない話です。

| | コメント (0)

2006年3月 5日 (日)

最後は劇的だけど

下山天監督の『SHINOBI』を観た。原作は山田風太郎の『甲賀忍法帖』。この映画は、「最新鋭のモーションキャプチャーとVFX技術」を駆使した作品とあるが、モーションキャプチャーって何?VFXって何?そう思いながら観ていた。聞き慣れない言葉でも、デジタル用語辞典で検索すればすぐにわかるから観終わって納得する。ハリッド映画のアクション系とでも思えば良いのかも。『マトリックス』ではCGがすごいと思ったけど、CGを使った視覚効果のことをVFXと言うらしい。モーションキャプチャーは、「人体にセンサーを設置し、動きをコンピュータに取り込む技術」だそうだ。
しかしこれは不思議な映画である。忍(忍者)たちが、手裏剣だけでなく、体内で猛毒を発生させたり、毒蛾を操ったり、何百年も生きている不死身だったりで、一般的な忍者スタイルと違う。そこに躍動感が出ているものの、私には『SHINOBI』というタイトルに忍者という意味以外に、恋の葛藤を忍ぶ、というイメージが浮かんでしまうのだ。だからアクションが目立てば目立つほどに映画的リアリズムから遠く離れていってしまうような気がしてならなかった。所詮、「映画は虚構なのさ」と思っても、逆に現実味を求めたくなるのがこの映画。だから、やっぱり不思議な映画だ、というのが私の感想。

伊賀と甲賀はもともと敵対関係にある忍者の二大勢力。長い戦乱が終わり、泰平の世が訪れたときに敵対する忍(忍者)の男と女が出会ったことから話が始まる。男の名は弦之介(オダギリ ジョー)、女の名は朧(仲間由紀恵)。
徳川家康は次期将軍を決定するために、伊賀と甲賀を各5人の忍によって戦わせた。最後に残った一人が駿府に上り、次期将軍を決するというもの。伊賀・鍔隠れから党首に選ばれたのが朧。甲賀・卍谷の党首は弦之介。
合わせて10人の忍が繰り広げるサバイバルバトルは人智を超えたアクション。このアクションばかりが目立って、二人の愛と葛藤のイメージが薄らいで、それを思わせるものが最初と最後にしかない。つまり弦之介が亡き母の形見である櫛を渡し、ハヤテ(鳥)の立会いの元、二人だけで祝言を挙げた場面。ここでは、宿命といえども二人を引き離すものは決してないという見方もできるわけだが、一方で、朧は弦之介と結ばれるのは「夢の中のみ」と確かに言い切っている。
最後は「お前と出会えてよかった。頼みがある。里のことだ。」と言い残す弦之介を殺めてしまう朧。弦之介は、最後まで忍の戦いを拒否していたと見えるが、自分が死んで朧を存在させておくことで、400年続いた忍の術を彼女に託して死んでいくようにも見えてくる。そこが、このタイトルが『SHINOBI』であるゆえんなのかな、とそんな気もしてくるのだが・・・。

| | コメント (0)

2006年3月 3日 (金)

回転寿司

IMG_4855 日本人が海外に行って生活すると、ああ~和食が食べたい。たらふく寿司が食べたい、となるらしい。パリにも和食の店、寿司店がたくさんあるようだが、その多くが中国人の経営とか。それもかなりお高いので学生の身分ではなかなか入れない、ということで、フランスから一時帰国の姪と中国人の李想君のリクエストで回転寿司に行ってきた。

IMG_4859

夕食時は行列ができるし、お昼でも12時台は混雑しているので、11時の開店早々を狙ったのです。さあ、出発ということで「では、行きましょうか」と私が声を掛けると、李想君「イクゾー」(笑)。フランス語で何か言っているのかと思ったら、どうやら「行きましょう」を簡潔に表現したらしい。日本漫画の読み過ぎか、あるいは姪がそう教え込んだのか定かではないが、丁寧な日本語は難しいらしい。
11時少し回ったところ、すでに数人がカウンター席に座っていました。私たちは奥のボックス席を利用。中国の人は生ものが食べられないのか、パリでも生牡蠣を口にしないそうです。それでも生もの以外は何でも食べれるようで、焼きアナゴ、海老、イカ天、卵焼きとチョイスしてはフランス語で姪にリクエストしていました。生ものがだめならと、私の好物の「ベーコンの握り」を勧めてみたら、これが評判良くって「ありがとう」の連発です。

安くっておいしいと言っても、回転寿司は一人では入り辛い。近くであれば余計に入りにくい。家族を誘っても、混んでいることを理由に一緒に行ってもらえないから、今日はいいチャンスだった。

| | コメント (0)

2006年3月 2日 (木)

お酒

お酒をどのくらい飲みますか?
中高年の自殺について、「お酒を全く飲まない人」「大酒を飲む人」の自殺率が高いという調査結果が出ています。大酒とは1日3合以上、ビールにしたら大瓶3本、ウィスキーならダブルで3杯とか。大酒を飲む人にしても、初めから大酒飲みではなかったでしょうに・・・。
嫌なことがあると、それを忘れるためについついお酒を飲んでしまうことありませんか。
ビール好きの私ですが、私の場合は嫌なことを忘れるというよりも、ゆっくり食事を楽しむための晩酌。夕食時に毎日飲んでいますが350缶を1本。まあ、かわいいもので至って健康な飲み方です。だから度を超して飲んでしまうことはまず無いし、アルコール依存症にはならないと思う。アルコールに依存するようになると生活に支障が出てしまうことだってあるから、自殺の危険性も出てくるのでしょう。一方で、お酒を飲まない人の自殺率が高いというのは、どういうことなんでしょうかね。

お酒の量は多くもなく、少なくもなく、生活にうるおいと安らぎを与える程度のたしなみ方がいいのでしょう。

| | コメント (0)

2006年3月 1日 (水)

哀れイルカ

お魚博士の故末広恭雄さんが書いておられたが、イルカは常に群れになって海表を遊泳している。仲間と一緒に楽しく泳いでいるときのイルカの鳴き声は「ピーッ、ピーッ」と、まるでヒバリが囀るような美しい声を出すらしい。ところが、イルカの漁では、漁船から金属性の威嚇音を放って入り江の網に追い込み生け捕りにするということで、このときのイルカは恐怖に震いあがり「ブゥーッ、ブゥーッ」と、豚のように鳴くとか。
海豚と書いてイルカと読むのも、どうやら古の漁師が美しい方の声には気付かずに、漁のときの豚のような鳴き声によって「海豚」の字をあてたものだろう、なんって思っております。

昨日のニュースに九十九里浜の海岸で約70頭のイルカが打ち上げられている、というのがありました。今朝もまた地元の人が救出作業を続けているようですが、多くのイルカは瀕死の状態ということ。なんとも哀れイルカたちですが、そんなに数が多いのは、群れ全体で打ち上げられちゃったんでしょうか・・・。
で、死んだイルカはどうするんでしょうかねぇ~。イルカ料理というのもあるらしいです。クジラの肉に似ているとかですが、料理屋さんでは見かけないし、一般的にはあまり出回っていないのでしょう。

で、話は変わって昨日書いた記事の追記です。
ソルトレーク冬季五輪の時のネパール初の代表、ジェイラム・カドゥカの話です。古い話で恐縮ですが、彼と義父リチャード・モーリーの心温まるいい話ですので読んでください。
かつて、カトマンズ~ヨーロッパ間の直行バスが通った時に、学生であったリチャード・モーリーはネパールを旅行した。その途上、山中にあって倒れたモーリーは、ジェイラム・カドゥカの父親に助けられた。もし、ジェイラムの父親の助けがなければ、モーリーは山中で命を落としていたわけです。モーリーは命の恩人であるジェイラムの父親に金銭を提供しようとしたが、父親は決して受け取ることをしなかった。物質的に貧し現状では、目の前に差し出されたお金に咽から手が出るほど欲しいというのが人情でしょう。しかし、あえてそれをしなかったのは・・・
体の弱い父親は、死の予兆にとらえられていた。父親の中での死の受容は、あと何年かの延命が許されるならば、神のその配慮に対して、奉仕を持って答えるというところまでに精神が達していたようです。しかし、深刻なものは、自分が死んだ後の子供の将来のこと。考えた末、父親はモーリーに息子の行く末を依頼したのです。
その後、ジェイラムが14歳の時に父親は死亡し、それを聞き知ったモーリーは、ネパールに出向いてジェイラムをイギリスに連れ帰り、自分の息子として家族の一員に加えた。さりながら、時のイギリス政府はこの親子関係の法的な手続きを受理せず、ジェイラム・カドゥカをイギリスから追放するように命じ、国際的な話題にまでなった。
1977年のイギリス新政府により、この親子関係は晴れて公的に認められ、今に至っている。
リチャード・モーリーといえば、コンピューター会社を設立したり、ホテルや不動産開発の仕事、名門カントリーの土地を所有するという有名な百万長者だ。そのモーリーは、英国海軍にいたころにアルプス山脈でのスキー選手だった。そんな義父のもと、もともとスポーツマンになりたかったジェイラムは、自分もスキー選手になることを決心した。フランスをホーム‐グラウンドに、義父からアルペンスキーを学んだ。その後、彼らはネパールへ行き、政府と折衝してネパール・スキー協会を設立した。オリンピック出場を目指して、フランスの国立チームと一緒に練習をしていたが、怪我でアルペンスキーからクロスカントリーに転向、ソルトレーク冬季五輪の出場資格をとった。
まあ、結果は昨日の記事に書いたとおり、トップから2分遅れの最下位。得点以上に人々に感動を与えたのは、こうした彼のサクセスストーリーなのです。

|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »